短期の薬剤師バイト

薬剤師アルバイトTOP >> 条件別 >> 短期の薬剤師バイト

短期の薬剤師バイト

薬剤師は薬学のスペシャリスト。メインの職務は調剤業務ですが、職場によって医薬品の効能や副作用などを説明したり、患者さんの症状に応じて適切な医薬品を紹介したりと、たくさんの職務を行います。薬剤師バイトの多くは、調剤薬局やドラッグストア、病院などでの調剤業務となりますが、調剤業務は職場によって方法が異なるわけではなく、医師から処方された処方箋に基づいて調剤を行うという業務のため、場所が変わっても行う作業は変わりません。そのため、短期間だけのバイトとして働く場合でも、初日から即戦力となって働けるのです。

薬剤師バイトはたくさんの職場から求人が出されていますが、その大半は「ずっと続けて働ける人」を対象にした求人となっています。そのため、イベントスタッフのような感じで短期間だけサッと働ける仕事が年間を通して豊富に存在するわけではありません。しかし、インフルエンザや風邪が大流行する冬、花粉症で大勢が病院に足を運ぶ春先には、病院が発行する処方箋の数も急増しますし、調剤薬局でも薬剤師の手が足りないほど大忙しになります。こうした傾向は毎年のものであらかじめ予測できるため、調剤薬局や病院の院内薬局などにおいては、こうした季節には短期間の薬剤師バイトを雇用するというケースも多いようです。

短期間の薬剤師バイとは、週1日からOKというお仕事もあれば、病院に来院する患者さんが多い午前中の薬剤師不足を補うために、午前中のみ勤務というお仕事もたくさんあります。どんな職場でも、行うのは薬剤師の得意分野でもある調剤業務なので、働き始めた初日から即戦力として活躍できるのが、薬剤師の短期バイトの大きなメリットと言えるでしょう。一般事務のようなお仕事だと、その企業によって事務作業にも習慣や方法が異なることも多いため、最初の数週間は仕事を覚える期間となり、即戦力になれることは少ないものです。しかし薬剤師の場合には、どんな職場でも調剤業務自体は変わることがありませんから、新しい職場に赴任してもすぐに即戦力として貢献できるというメリットがあります。

薬剤師の短期バイトは、秋から求人数がグンと多くなるので、この時期を逃すことなく、タイミングよく見つけてさっと応募するのがコツです。薬剤師の求人だけを専門に取り扱う転職サイトや求人サイトを上手に活用したり、人材派遣などで短期間だけ働くという方法もおすすめです。たくさんの薬剤師求人を取り扱う転職サイトなら、膨大なデータベースの中から自分の希望や条件に近い求人を絞り込みやすいというメリットもあります。

薬剤師のアルバイト求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師バイトNAVI【※薬剤師のアルバイト探しの王道】 All Rights Reserved.